特徴的な専門学校を選ぶ

ゲーム・コントローラ2

ゲームの専門学校はどこも同じ。

プログラミングを学びゲームグラフィックを学び、実践しインターンシップがある。

本当にそれだけでしょうか?

少子化問題もあり入学する学生の取り合いが激化していくことに比例して、専門学校のカリキュラムはこれまでになく面白くなっています。

その中で特に工夫をしているゲーム専門学校を3校ピックアップしました。

トライデントコンピュータ専門学校

河合塾学園が運営している専門学校です。

ゲーム以外にも情報処理やWebデザイン、CADなどIT技術を中心に学べる専門学校です。

その学科の中でも特徴的なものがゲームサイエンス学科。

プログラミングなどの基本的な専攻コースの中にはニンテンドー3DS開発専攻やスマートフォンゲーム開発専攻、オンラインゲーム開発専攻など媒体ごとに専攻が分かれていることです。

媒体やハードを専攻することは開発の新陳代謝の早いゲーム業界では危険に思えます。

ですが、媒体ごとにニッチに学ぶ事によって任天堂やソーシャルゲーム企業の就職に強くなれます。

流動的とはいえ集中して学ぶ試みは新しくユニークです。

東京コミュニケーションアート

頭文字を取って”TCA”と呼ばれている専門学校で、ゲーム・マンガ・アニメといったエンタメ系から動物系の学科まで幅広く手がけています。

この学校の大きな特徴は”Wカリキュラム制度”という別の学科も並行して受けられる制度です。

ゲームプランナーの勉強をしながらプログラミングも専攻できるので、必要だと感じたら学ばせてくれます。

また、”Wカリキュラム制度”だけでなく企業とのタイアップ企画も面白い。
これは企業側から課題が提示されそれを目標に学生が作品を作っていくプロジェクトです。

今までに参加した企業は”株式会社ブシロード”や”エヌ・シー・ジャパン株式会社”、”マイクロソフト株式会社”など一流企業ばかり。

勉強→就職を考えるなら”TCA”は候補に挙がる学校の一つだと思います。

アミューズメントメディア総合学院

通称”AMG”はとにかく作品作りに力を入れています。

2年間で6作品。4ヶ月に1本の間隔で作るので、入学早々から忙しくなります。

しかし、この忙しさはその後の仕事に比べれば小さなものです。

ゲーム製作は正確さとスピードが求められるので、その二つが身にしみ込みます。

6作品をしっかり作り、いかに腕を磨けるかで未来は変わります。

また、作品作りをプロに混じって行う”産学共同プロジェクト”も画期的。

その他にもAMGエンターテインメントの存在も大きい。

発信媒体を学校で運営し、学生が参加して羽ばたいていくというシステムとなっており、こういった流れは他校にはないあまり見られません。

本格的に学ぶならAMGが一番かもしれません。

人気のゲーム専門の学校に行きたいなら